Djembe & Tap スキップッポイ

Topスポンサー広告>スポンサーサイト

TopTapShoes>最近の靴状況 2006

スポンサーサイト

ご感想↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ↑

スポンサー広告一覧へ←

スポンサー広告  | ご感想(-)

2006年10月17日 (火)

最近の靴状況 2006

ご感想↓

スキップッポイでストリートパフォーマンスを始めた2000年当時は、まだタップシューズの種類も少なく、スニーカータイプは自力で製作するよりありませんでした。靴の作り方は、参考までに記録として保存しておきたいと思います。
タップ関係者の地道な働きかけにより、ここ数年タップの裾野が広がり、靴の選択肢も増えました。自分の好きなシューズにチップを取り付けてもらう事も可能ですので下のリンクより探してみてください。



[BASEMENT(東中野)]***カペジオUSAのリズムタップ用シューズK360からスニーカータップ、子供用など。修理加工、チップ販売、木の床の個人練習レンタルルーム。

[大木シューズ(浅草橋)]***日本のダンスシューズの老舗。柔らかい革でしっかりしたつくりの靴。サイズごとに各種そろっているのですぐ購入できます。


ーータップに興味はあるけれど靴をどうしようかなと思う方へーー

1,とりあえずスニーカーで始めてみる。
2,チップだけ購入してもっている靴に貼付けて感じを味わってみる。
3,靴を買う。(ネットでも買えますが靴なので履いて決めた方がいいです)

はじめはとりあえず室内用の靴を持参してクラスを体験してみると良いと思います。
滑らなくて少しやりにくいですが、タップがどんなものかはわかると思います。
すぐサイズが変わってしまう子どもには、廉価版シューズもありますし、チップだけ買って手持ちの靴につけ、サイズが変わったら靴だけ変えて行くというのも良いでしょう。
大人に関しては、廉価版でもteltoneチップがついているものがあるので、そちらを選ぶようにした方が良いでしょう。チップの種類によって音質が変わるので、少し上達するとまた買い替えたくなってしまうからです。
もちろんはじめからいい靴を買えれば、上達とともにその靴での音のコントロールが身に付いていくし、しっかりしているので長く履けます。

でも、はじめからそろえなければできないと思わずに、とりあえず足を踏み鳴らして音楽する感覚を楽しんでみましょう!!!

関連記事

このページの先頭へ↑

TapShoes一覧へ←

TapShoes  | ご感想(0)

ご感想


Movie

スキップッポイ
中心の△印をダブルクリックしてください

Link

メニュー

サイト内検索

RSSに登録する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。